東京・東中野 ヒーリング整体

​●不定休 ●10時から24時まで営業

​東京都中野区東中野4-6-5山手ビル503

​逆流性食道炎

【訴え】

38歳。女性。いつも胸がつかえて食事がノドにつかえる感じがしていた。気になり胃カメラを飲むと逆流性食道炎と診断された。薬を飲んでいるが胸のつかえは取れず、食欲がない。胃下垂もある。

【施術】

5日間集中してヒーリングする。それにより胃下垂を緩和し、食道が下に引っ張られる状態を改善した。腸の圧迫も軽減し、食欲も回復した。週に1回のヒーリングを終え、現在は月1回メンテナンスで来店。

 

【結果】

胃下垂が逆流性食道炎の原因になることは多いです。この方も胃の下部が恥骨のそばまで下がっていたので、ヒーリングの氣の力によって胃を上げると、胸のつかえが収まった。