座骨神経痛

【訴え】

67歳。男性。約10年前から座骨神経痛が出始め、右のもも裏から、つま先にかけて痛みが出ていました。バスで立っていると10分もすれば右足が痛くなり、ももとふくらはぎにしびれる感覚があるので何とかしてほしいとの訴えがありました。左右の足首はむくんでいました。

【施術】

50分のヒーリング整体を実施。首から足先までのゆがみを取り、気血水の流れを良くしてから、リンパと静脈を意識しながら背中の経路(東洋医学の気の流れ)に沿って皮膚を耕しました。30分ほどで足のむくみは半減。立位も楽になったとのこと。

そして天百庵(てんもあん)独自の「ゆらし操法」と操体法、ヒーリングで背中、腰、脚、足裏、そして免疫を高める腹部と、元気が出る腎に気を送りました。するとむくみ、痛みはほとんど改善しました。

【経過】

3回目の施術で足全体の痛み、しびれは取れましたが、腰の奥に「無理をすると痛めそうなフワフワした感じが残っている」とおっしゃいました。8回目の施術で、その違和感もかなり薄れ、バスで立っていても気にならなくなったとのことです。

東京・東中野 ヒーリング整体

​●不定休 ●10時から24時まで営業

​東京都中野区東中野4-6-5山手ビル503